バンドルカード 手数料
Simple Site

バンドルカードの気になる手数料

バンドルカードを利用する上で気になるのが手数料になります。
チャージしたり、支払いをしたりする毎にお金が発生してしまうと大変ですけど、実は基本的な部分の手数料は無料となっていますので安心して利用することが可能です。
もちろん全てが発生しないという訳ではありませんが、ほとんど無料となっていますので気軽に利用できるメリットがあるのです。

バンドルカードのチャージ方法はいくつか用意されていまして、コンビニ、クレジットカード、ビットコイン、銀行のATM、インターネットから操作する銀行、携帯支払いとなり、これらの方法でチャージすることができます。
これらの方法のなかで携帯支払い以外の全てにおいて手数料が無料となっており、支払い手数料も同様なので気軽さがあるでしょう。
携帯での支払いは手数料が発生するのですが、そのかかる費用は一律300円となっていましたけど、一部変わりまして、現在では変動制となっています。
1回のチャージ金額が5000円以下の場合は300円、1回のチャージ金額が6000円以上の場合はチャージした金額の6%となっているのです。
例えば、5000円なら300円ですが、1万円だと倍の600円かかる計算になります。
チャージした金額が高ければ高いほどバンドルカードの手数料が高くなる計算になりますので注意して利用してください。

このように基本的には無料で利用することが可能なので便利ですが、例外があることは忘れないでください。
その他にかかる費用としてあるのがカードを発行する時に300円かかりますが、これはリアルでのカードを発行したい場合だけです。
インターネットで利用できるプリペイドカードのような存在なのでリアルでカードにしない方だと無料となります。

また一定期間利用しないと口座維持費がかかりまして、その料金が100円です。
日常的に頻繁に利用される場合は考えないで済みますが、1度利用してから120日間利用がなければ維持費が発生し、残高が無くなればカードが自動的に停止されるでしょう。