バンドルカード 評判
Simple Site

話題になっているバンドルカードの評判

若い世代の間でも話題になっているのがバンドルカードです。
使いやすいと評判のバンドルカードはVisaの加盟店で支払いができるVisaプリペイドカードで、ネット上でも店舗でも使えるリアルカードとネット専用のバーチャルカードから選択することができます。
バンドルカードの登録料は無料で、年会費も一切かからないです。

バンドルカードに入金することをチャージと呼びます。
チャージしたお金は有効期間の中で支払いに使えます。
チャージが可能な金額は一定の枠組みで決められています。
月間のチャージ上限額は12万円です。
全チャージ上限額は100万円で、上限額に近づいた場合はカードを再発行すれば続けて使うことができます。
利用履歴や残高はさいはっこうされたカードに引き継がれます。

コンビニやクレジットカード、ビットコインなどを利用した多彩な支払い方法があります。
バンドルカードは買い物をすると履歴を更新するので身に覚えのない利用はすぐに発見できます。
履歴は全て保存されるため後から検索してチェックすることも可能です。
クレジットカードの場合は手元にお金がなくても使えるので、使いすぎて後で後悔する人もいます。
バンドルカードはチャージした金額以上は使うことができないので、使いすぎを防ぐことができます。

発行に必要なのはユーザーIDとパスワード、生年月日、電話番号だけです。
登録すれば、バーチャルカードがすぐに使えます。

買い物も簡単で、リアルカードはお店で商品を選んだらレジでバンドルカードを渡しサインをして支払うだけです。
バーチャルカードはネットショップで商品を選んだら支払いまで進み、カード払いを選択します。
アプリでカード情報を見ながらカード登録フォームに入力すれば支払い完了です。
セキュリティコードはカードの不正を防ぐためにあり、ネットショップでの買い物でコードを求められることがあります。
セキュリティコードを知りたい場合は、アプリ上かカードの裏面で確認することができます。