バンドルカード 審査
Simple Site

バンドルカードの審査が通らない理由について

バンドルカードについて理解していない人からすると、クレジットカードと同じように使う事が出来るためクレジットカードの異種と考えている人もいるかもしれませんが、厳密に言えばプリペードカードとしても使える同時にクレジットカードとしても使えるカードで、どのように使うかを利用者の判断に委ねているカードです。
クレジットカードのように使う場合には、ポチっとチャージ機能があり、これを使えば2万円までですが、クレジットカードのように翌月末までの支払いで買い物ができます。
バンドルカードは、クレジットカードの審査が通りにくい小中学生などをはじめとする未成年の学生や収入の全くない主婦や年金受給の高齢者でも簡単に入手出来て、クレジット決算が可能になります。
だけど流石にポチっとチャージは事実上の借金なので、この機能を利用するためには事実上の審査が必要になり、それが通らなければチャージしてお金を借りる事は出来ないです。
審査は基本的に存在しないと言われているバンドルカードですが、それでもポチっとチャージを申請しても通らない人も存在します。

ポチっとチャージを申請しても通らない人には、次のような理由が考えられます。
一度通ったのに、翌月には申請が通らなかった場合には、前月に申し込んだチャージ分を清算して返済し終えていない事が考えられます。
つまりチャージの利用金額である2万円をキャッシングで借金したとして、前月に申し込んだ2万円の返済期限がまだ来ていないとしても、お金を2万円全額返済していなければ未返済と同じように判断されてチャージを申し込んでも申請が却下されます。
もしもポチっとチャージ機能を申請して使いたければ、この場合は前月分の2万円を満額返済すればすぐにチャージできるようになります。

他の理由としては、返済期限までに支払いがなされてなくて返済を遅延している場合にもチャージの申請が通らないです。
ポチっとチャージ機能を使う時には利用規約に同意する必要があり、利用規約の中に返済期限までに支払いがない場合には遅延行為によって次の借金の申請が出来なくなると書かれているので、この規約を遵守していないためチャージの申請が通らないという事です。
この説明は公式サイトにも次のように書かれていて、支払期限を過ぎると利用規約に則ってカード自体の利用が停止され、第三者にその取り立て債権を譲渡して強制的に借金を徴収する可能性があると書かれてます。
ここで書かれている第三者は俗に言う借金の取り立てを専門にしている債権回収会社の事で、支払いの滞納した債権を買い取って、その借金を回収する事を生業としている民間企業の事です。
闇金のような危ない会社では無いですが、仕事として債権を回収しているだけあって、支払金の他に制裁金の遅延損害金などもプラスして請求されるため返済金額が高額になってしまいます。
さらに支払えない場合には、法的な処置が取られるので、そうならないように遅延した場合は出来うる限り早く返済した方がいいです。
この遅延行為を行った場合には、悪質なケースの時には、例え返済したとしても次回のカードの作成が出来なくなる事があるので注意が必要です。

上記の2つの理由以外でポチっとチャージの申し込みが通らない場合には、バンドルカードの利用規定の何かに引っかかっているケースが考えられます。
公式サイト上に書かれているケースの場合には、本来は一人一つしか作ってはいけないアカウントを複数作成している場合には悪質なので申請が通らないです。
他には日本国内では無く、申し込み時の登録の電話番号に海外の電話番号を利用していると書いて申し込んだ場合にはチャージの申請が通らない事があります。
それ以外に未成年の学生の場合には親権者の同意が必要なのにも関わらず、その同意を得られてないままカードを作った時にはチャージを申し込んでも通らないです。

上記に上げた全てのケースに当てはまらないにも関わらず、通らない場合もありますがその理由についてはこのカード会社でも内容は開示されてないです。
その場合には公開されていないバンドルカードの定めている利用規定に抵触していると考えるしかないです。
バンドルカードのポチっとチャージの審査はGardiaという会社が行っていて、こちらの会社の決めている後払いサービス規約が公開されていない利用規定です。
Gardia後払いサービス規約の2条の条文には、チャージを申し込んだ都度審査を行って、利用可否判断の判断を非公開の方法で行っていると書かれてます。
ここでも非公開とされてますが、Gardia後払いサービス規約には禁止事項という項目が列挙されていて、この項目に書かれた行為をするとチャージを申請しても通らなくなると考えられます。
禁則事項は全部はあげませんが、意図的に返済を踏み倒したり発行したカードを転売するなどのサービス自体を妨害する悪質な行為が多いです。